美容整形のハードルを下げてくれた二重術

昔から一重がコンプレックスだった

ぱっちりとした大きな明るい瞳にずっとあこがれてきたのですが、私ときたらもうそれこそアジア人を揶揄して描かれたイラストみたいな細目の一重瞼がずっとコンプレックスでした。
何となく見た目が暗そうに見えるのがとにかく嫌で、高校生になったころから二重瞼にするためにテープを使ったり、アイプチのようなのりタイプのものを使ったりして顔の印象が暗くならないように努力してきました。
でも、そんなことをずっと続けていたせいなのか、大学生になったころノーメイクの私を見た友人が、絶対に別人だと驚くほどになっていて、このままではいけないような気がし始めていたんです。
二重にあこがれはあるけれど、美容整形なんてなんだか怖いし、もしも周りの人に手術したことがばれたら…なんて考えると、とても一歩踏み出す勇気は私にはありませんでした。
大体、二重になるためにはどんな手術があるのかすら当時の私はよく知らなかったんです。
それに、ご近所に成形手術を受けたと噂になっていた人がいたのですが、確かに二重瞼の大きな瞳になってはいたのですが、はっきり言って私にはびっくりしたみたいな顔にしか見えなかったし、間違っても私もこうなりたいなんて思えるような代物ではなかったんです。
そんな経験もあって美容整形にはあまりいい印象がなかった私ですが、手術といってもメスを使って瞼を切開するものばかりではなく、もっと手軽に簡単にできる方法もあることを知りました。

昔から一重がコンプレックスだった美容整形で二重にすることにしましたダウンタイムも少なく、キレイな二重になりました